Ver.2022 錫ビアマグ

毎年ご好評をいただいております限定販売の錫ビアマグのご案内です。(...詳しく見る

しつらい・季節の器

五月・皐月
青葉が風で揺られる八十八夜、立夏、そして端午の節供には成長を見守り、母の日には感謝の気持ちを伝える。(...詳しく見る

六月・水無月
芒種となると長雨が続く日々、夏至に差し掛かる父の日には日頃の感謝を伝え、夏越の祓では穢れを落とし息災を祈願。(...詳しく見る

文字彫刻(名入れ)

お名前やメッセージを「文字彫刻(名入れ)」することで唯一の贈り物としてのご依頼も承っております。(サイズや表面の仕上げなど一部の製品は除きます)

営業日/感染症対策について

弊堂の営業日および、感染症の拡大防止に伴う対策については「営業日のお知らせ / Business days」をご覧ください。

お届けまでの遅延について

感染症への対応に伴い、お届け地域によっては遅滞が発生する場合がございます。何卒、ご了承ください。(ヤマト運輸のお知らせ

お薦め

限定製品

もっと見る

用途で見る

装い
華やかな江戸時代には、男女共服飾に金工品を取り入れることが庶民の間でも広がりました。装いには大きさ・重さという物理的な制限があるために、緻密で微細な金工品が発展しました。普段使いのアクセサリーとして「根付」「耳かき」などもご覧いただけます。


食の器
食器で用いられる金属素材は限られています。弊堂では主に耐食性に優れた銀、錫を用い「銘々皿」など取り扱っております。ご出産祝いの贈り物に「ベビースプーン・フォーク」はお薦めです。


酒の器
弊堂のもっとも得意とするのが酒の器です。すでにご承知の通り、錫・銀の香りが酒の旨味を引き立てるとともに、食卓での見た目の美しさから、酒とは切っても切れぬ関係です。「ぐい呑み」「片口」「ワインクーラー」などご覧いただけます。


茶の器
茶器の歴史は古く、茶の葉が大陸から伝わると同時に茶の保存・喫茶道具として「茶入」などが日本に伝わりました。日本独自の発展を遂げた煎茶に限らず、中国茶、台湾茶といった大陸茶にて用いる「急須」などを製作しています。


花の器
四季折々の草花を、おもてなしの場やくらしの中に取り入れる習慣は平安時代に遡ると言われています。「花入」の中には、弊堂独自の肌合いを施している品もご覧いただけます。


香の器
錫や銅による鋳物をあしらえ、香を焚き、そのかたちを愛でる「香炉」などご覧いただけます。