Menu

お知らせ

清課堂は天保九年(1838年)創業、錫器・銀器・各種金属工芸品の専門店です。現存する日本最古の錫工房。創業以来、神社・仏閣・宮中の御用品の制作に代々励んで参りました。現在では錫器を主に銀器銅器など多様な工芸品を手掛けています。時代を経て纏う侘び・寂びの美しさをお楽しみください。

源兵衛精撰:Best Selection
清課堂当主七代目 山中源兵衛にて精選された作品を中心にご紹介しております。

装い:Ornament
華やかな江戸時代には、男女共服飾に金工品を取り入れることが庶民の間でも広がりました。装いには大きさ・重さという物理的な制限があるために、緻密で微細な金工品が発展しました。

食の器:Table Ware
食器で用いられる金属素材は限られています。当工房では主に、耐食性に優れた銀、錫を用います。鉄製の包丁や銅製の鍋などは「利器」といって金属工芸の世界とは分けて考えており、当工房では製作していません。

酒の器:Sake Ware
当工房のもっとも得意とするのが酒の器です。すでにご承知の通り、錫・銀の香りが酒の旨味を引き立てるとともに、食卓での見た目の美しさから、酒とは切っても切れぬ関係です。

茶の器:Tea Ware
茶器の歴史は古く、茶の葉が大陸から伝わると同時に茶の保存・喫茶道具として日本に伝わりました。今では大陸茶を色濃く残す煎茶道、日本独自の発展を遂げた茶の湯を主に、各種にわたるの茶の器を製作しています。

花の器:Flower Vase
四季折々の草花を、おもてなしの場やくらしの中に取り入れる習慣は、平安時代に遡ると言われています。

香の器:Incense Ware
香を焚く香炉、香水香を立てるための線香立てなどをご用意しております

オススメ商品

もっと見る

限定商品