中世に入り煎茶が登場すると、茶葉を適切な温度で煎じ客をもてなすための急須が発達しました。江戸時代には煎茶道が生まれ、形式にとらわれず煎茶を飲みながら清談を交わす「煎茶趣味」が文人の間で急速に広まりました。陶製のものが多い中、一部の文人には錫製のものも好まれたようです。

急須

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 9製品中 1-9製品
  • 次のページ
9製品中 1-9製品
茶入  湯沸