日本では、火にかけお湯を沸かすための道具として、湯沸・薬罐と呼ばれることが多い茶道具の一つです。元々は薬草を煎じるための注ぎ口のある金属製の器物で、のちに湯を沸かすためのものに転じました。千利休以後の茶の湯の世界では、技巧と装飾を凝らしたものが競い合うように作られました。銀瓶として茶人のステータスのシンボルにもなったようです。

湯沸

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 4製品中 1-4製品
  • 次のページ
4製品中 1-4製品
急須  茶合