錫 藤手ちろり

過去の名品に、清課堂なりの新たな解釈を組み込み、今の時代に合った酒器へと進化させました。

明治から大正期の作と思われる銀製のちろりからインスピレーションを得て、胴に横方向の鎚目を施した細やかな仕上げ。
蓋や取っ手の付いた注器は、古くから心を込めた歓待などに用いられることが多く、おもてなしの場でお使いいただけます。


【商品詳細】
・錫 藤手ちろり:すず ふじてちろり
・価格:35,000円(+税)
・送料:無料
・およその容量:すりきり210cc入
・およその大きさ:w70×d90×h145(mm)、本体のみ高さ105(mm)
・およその重量:330g
・その他:桐箱入り
型番 AW021
販売価格
38,500円(税3,500円)
購入数