杢目金打出茶入(03) / Mokume-gane Tea Caddy(03)

【現品限り】

作家:佐故龍平 / Sako Ryuhei

積層した金属を叩き延ばす過程で生まれる “うねる様な模様” を杢目金(もくめがね)と言います。 この独特な模様に魅了され、杢目金の可能性を模索し、金属の重ね方や、彫り込みに差異をつけることで意図的に色味の差を出すという独自の手法を生み出した佐故龍平。この手法により彼の杢目金は、他にはないより豊かな表情を生み出しています。

The undulating pattern created in the process of beating and stretching laminated metal is called Mokumegane. Fascinated by this unique pattern, Ryuhei Sako explored the possibilities it offers and developed his own method of deliberately creating differences in coloration by changing the way of stacking and carving the metal. With this method, his Mokumegane works have one-of-a-kind rich expressions.


【詳細情報 / More Information】
・作家:佐故龍平 / Sako Ryuhei
・杢目金打出茶入(03):もくめがねうちだしちゃき(03)
・素材:銀、銅、赤銅、四分一、黒味銅
・およその大きさ:Φ78xh73(mm)
・およその重量:162g
・その他:桐箱入り

・Mokume-gane Tea Caddy
・Material: Silver, Copper, Shakudo, Shibuichi, Kuromido
・Approximate Size: Φ78xh73(mm)
・Approximate Weight: 162g
・Other: Comes in a paulownia box.

※こちらは代引き決済には対応しておりません。何卒ご了承ください。
型番 gallery026
販売価格
440,000円(税40,000円)
購入数